この記事は約 2 42 秒で読めます。

胸の大きさでお悩みの方はいらっしゃいませんか?

卒乳やダイエットで小さくなってしまった…」あるいは「今よりも大きくして女性らしさを身につけたい!」などそのお悩みは人によって様々なものがあることでしょう。

バストアップのために色々しているけれど、なかなか効果が現れない…という方も、もしかしたらいらっしゃるのではないのでしょうか。

そんな女性の方々は必見です!

こちらでは、バストアップに欠かすことのできないタンパク質についてご紹介していきたいと思います。

知らなきゃ損!バストアップに欠かせない良質なタンパク質とは

鶏肉

まずはじめにご紹介したいのが鶏肉になります。

鶏肉に限った話ではありませんが、お肉には多くのタンパク質が含まれています。

そのタンパク質は、人間の体を作り上げる上では欠かすことの出来ない栄養素の1つになります。

さらに、タンパク質には女性ホルモンのバランスを良い状態に保ってくれる働きがあります。

そんな効果のあるタンパク質ですから、多く摂取すればサイズがアップします。

しかし、注意しなけばならないのが「タンパク質を多く摂取するためにお肉をたくさん食べたら、バスト以外の部分もサイズアップした」というケースです。

お肉はタンパク質を多く含む食材ではありますが、それと同時に高カロリーな食材でもあります。

なので、食べ過ぎるとバストだけでなくあらゆる場所のサイズもアップしてしまいます。

しかし、鶏肉の場合他のお肉に比べると大変カロリーが低く、それはカロリー制限の厳しいスポーツ選手の方も好んで口にするほどです。
特に鶏肉の中でもささみは低カロリーで高タンパクとなっています。

バストアップを目指すなら、鶏肉を意識して摂取すると良いでしょう。

乳製品

高タンパクなのは肉類だけではありません。

実は乳製品も高タンパクの食材と言えます。

さらに、鶏肉と同様に低カロリーですから太りにくいです。

牛乳、チーズ、ヨーグルトを積極的に食べるようにするとよいでしょう。

特に乳製品の中でもヨーグルトがお勧めです。

というのも、ヨーグルトには多くの食物繊維が含まれていますが、この食物繊維は腸内環境を良い状態に導き保ってくれる働きがあります。

腸内環境が整えば便秘は解消され、便通も良くなります。

すると結果として体重も減りウエストも細くなりますから、相対的にバストが大きくなります。

このように、鶏肉や乳製品などの「低カロリーで高タンパクな食材」というものはバストアップには大変効果的です。

しかし、1回だけ食べればすぐに効果が現れるというものではありません。

継続しなければ効果は得られませんので、継続する努力を行ってください。

また、バストアップに良いからといって、食べ過ぎてはいけません。

何事にも限度というものがあります。

それを超えてしまうとバストアップだけでなく、付いてほしくない部分にもお肉が付いてしまいますので気を付けて下さいね。

The following two tabs change content below.
管理人:みゆき

管理人:みゆき

はじめまして。このサイトを管理しているみゆきと言います。私はもともと胸がBカップしかなくてよく友達からバカにされたりしていました。悔しくて自分なりにバストアップするための方法を調べて実践した結果、今ではFカップのブラでも少しキツいくらいにまで成長することができました。私が実践してきた方法やマッサージのやり方、バストアップに効果的な食事やサプリなどについて解説しているので、参考にしてみてくださいね♪