この記事は約 2 16 秒で読めます。

タンパク質はバストアップには欠かせない栄養素であり、さらに高タンパク低カロリーの鶏肉や乳製品はバストアップを実現させる上で理想的な食べ物であるということをご紹介しました。

しかし、タンパク質以外にもバストアップには欠かせない栄養素というものがあります。

こちらではその栄養素と、それらを多く含む食材について簡単にご紹介します。

これらの食材でバストアップも夢じゃない!

ボロン

まずはじめにバストアップに効果がある栄養素として、ボロンというものをご紹介します。

これは、バストアップでは欠かせない女性ホルモンの働きを助けてくれるものなんですね。

このボロンという栄養素はキャベツに多く含まれています。

キャベツというと食物繊維の宝庫です。

食物繊維は腸内環境を整え便通を良くしてくれますから、キャベツを積極的に口にすることでウエストダウンと同時にバストアップも実現しちゃいます。

しかし、そのキャベツを食べる際に気を付けなければならないことがあります。

それは、ボロンは熱に弱い栄養素なので加熱調理をするとボロンの組織が壊れてしまうということです。

なので、生のままサラダや千切りなどで食べるようにしましょう。

摂取量としては、1日3mgまでにとどめてください。

それ以上摂取してしまうと体調を崩してしまう恐れがあります。

イソフラボン

次にご紹介するのは、イソフラボンという成分になります。

これは、組織が女性ホルモンの一種であるエストロゲンというものに大変良く似ていることから、体内に摂取されたあとは女性ホルモンとよく似た働きをしてくれます。

なので結果的にバストアップに繋がるというわけなんですね。

さらに、バストアップだけでなく美肌効果も期待できます。

そんな嬉しい効果がたくさんあるイソフラボンですが、一体 何に多く含まれているのでしょうか?

この答えは大豆になります。

大豆はもちろん豆腐や豆乳などの大豆製品もバストアップに効果的だと言えます。

以上のボロンとイソフラボンという2つの「ボ」のつく栄養素がバストアップでたいへん大きな効果を発揮する栄養素になります。

バストアップを目指すのならばこれらの摂取にも注意していきたいものですね。

高タンパク質低カロリーの食材である鶏肉と乳製品、そして「ボ」のつく栄養素がバストアップに効果的だとご紹介してきました。

次の項目では、バストアップに効果のある果物に注目していきたいと思います。

興味のある方は引き続き参考にしていただければ幸いです。

The following two tabs change content below.
管理人:みゆき

管理人:みゆき

はじめまして。このサイトを管理しているみゆきと言います。私はもともと胸がBカップしかなくてよく友達からバカにされたりしていました。悔しくて自分なりにバストアップするための方法を調べて実践した結果、今ではFカップのブラでも少しキツいくらいにまで成長することができました。私が実践してきた方法やマッサージのやり方、バストアップに効果的な食事やサプリなどについて解説しているので、参考にしてみてくださいね♪